昨日のブログに書きましたように、不動産投資にはインカムゲインと

キャピタルゲインが存在します。

インカムゲイン と キャピタルゲイン について
⇒http://ameblo.jp/ikzi/entry-10968529075.html

この インカムゲイン と キャピタルゲイン により、様々に

不動産投資は形態を変えます。

どのような物件が儲かるのか?

区分?一棟?戸建?

基本的に、私は、どの不動産を買ったとしても設けることができると

思っていますが、物件により、賃貸にして儲けられるもの(インカムゲイン

と、売却まで考えないと儲からないもの(キャピタルゲイン)があると

理解いただければと思います。

例えば、区分所有マンションについて、メリットは、物件の規模や金額が

小さく買いやすく、立地、間取りがよければ他に買い手がいます。

逆にデメリットは、管理費や修繕積立金が家賃収入を圧迫したり、あくまで

一戸なので、入居者が入る、空室によって利回りが暴れます。

こういったメリットデメリットを踏まえ、この区分所有の物件を、

賃貸にして儲けられるもの(インカムゲイン)と捉え、将来的な所有物件の

構成を組んでしまうと、非常に効率の悪い投資になってしまいます。

上記までは、家賃収入で収益を考えた場合の内容です。

逆に、最初から転売狙いの場合、区分は、いい キャピタルゲイン を

生みだします。

売却の観点から考えると、購入するときと条件は近いものがあります。

区分所有のメリットは、物件の規模や金額が小さく買いやすく、

立地、間取りがよければ他に買い手がいます。

要は、売却益(キャピタルゲイン)であれば、効率の良い投資になる

場合もあります。

※例であげただけなので、区分が インカムゲイン に絶対に不向き

だといっている訳ではございません。

このように、価格、家賃、間取り、規模など様々な要因が合わりますので、

購入前には、物件精査をするのです。

物件の見方、分析の仕方は、やはり地域性やその道に詳しい不動産業者

だったり、関連の職種に勤めている方が詳しいので、色々な方の意見を

求めるといいと思います。

聞くのはただです(笑)

私も、多少の知識は、ございますので、絶対に参考になるとは言い切れません

が、考え方の一つとしてご相談いただけると思います。

ちなみに、基本的な不動産投資の知識がある程度把握できる無料レポート

が配布されています。

ご興味ある方は、是非ご一読ください。

★不動産投資大百科
http://123direct.info/tracking/af/378461/qwvJsXAH/